コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋東皐 たかはし とうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋東皐 たかはし-とうこう

1752-1819 江戸時代中期-後期の俳人。
宝暦2年生まれ。与謝蕪村(よさ-ぶそん)の門人となり,春星亭の号をゆずられる。また高井几董(きとう)にまなび,几董選の句集「奥美人」がある。書家としても知られた。文政2年1月11日死去。68歳。陸奥(むつ)磐井郡(岩手県)出身。名は可興。字(あざな)は子観。通称は七右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高橋東皐の関連キーワード橋本宗吉コンバウン朝タウングー朝談義本ナッシュアラウンパヤータウングー朝賀茂真淵(かもまぶち)滑稽本コンバウン朝

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android