コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋正純(2) たかはし まさずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋正純(2) たかはし-まさずみ

1835-1891 幕末-明治時代の医師。
天保(てんぽう)6年6月28日生まれ。高橋春圃の長男。横井小楠(しょうなん)に漢学を,青木周弼(しゅうすけ)らに医術をまなぶ。長崎でポンペ,ボードインらについて西洋医学をおさめ,長崎病院塾頭となる。肥後熊本藩医をへて,維新後,大阪医学校長兼病院長などを歴任。明治24年1月28日死去。57歳。肥後出身。初名は文貞。号は清軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高橋正純(2)の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android