コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋春圃 たかはし しゅんぽ

2件 の用語解説(高橋春圃の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋春圃 たかはし-しゅんぽ

1805-1868 江戸時代後期の医師。
文化2年生まれ。肥後熊本藩医。はじめ漢方医学をおさめ,のち長崎で西洋医学をまなぶ。嘉永(かえい)2年オランダ人医師モーニケから種痘法をまなび,熊本ではじめて種痘をおこない,その普及につとめた。慶応4年4月17日死去。64歳。名は叶,正家。号は桃渓。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高橋春圃
たかはししゅんぽ
(1805―1868)

幕末期の蘭方(らんぽう)医。熊本藩医。肥後(ひご)国阿蘇(あそ)郡の生まれ。名は叶、号は桃渓。天保(てんぽう)(1830~1844)の初め肥後へきた京都の日野鼎哉(ていさい)に出会ったのを機に洋方を志し、長崎へ出て、数年間竹内玄同に師事、帰国後開業した。嘉永(かえい)(1848~1854)の初め、長崎の商館医モーニケから痘苗を得て郷里に種痘法を広めた。有徳の士として知られ、江戸・長崎へしばしば赴き、諸家より新知見を求めた。子の正純(1835―1891)・正直(1843―1921)ともに名医とうたわれた。後年、1928年(昭和3)従(じゅ)五位を贈られた。[末中哲夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

高橋春圃の関連キーワード戊辰戦争藩学一覧ネルソン序曲ムハンマド・アリーネルソンネルソン隠れキリシタン早竹虎吉(初代)明治

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone