コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋石霞 たかはし せっか

2件 の用語解説(高橋石霞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋石霞 たかはし-せっか

1808-1883 江戸後期-明治時代の漢学者。
文化5年11月14日生まれ。安芸(あき)(広島県)竹原の忠海屋(ただのうみや)高橋家をついで庄屋,町年寄をつとめる。また広島藩綿座頭取となり,藩財政の立て直しに寄与した。書画をよくし,易学,医学にもくわしかった。明治16年9月7日死去。76歳。備後(びんご)(広島県)出身。本姓は和田。名は興孝。字(あざな)は成立。通称は半右衛門。著作に「便農集丹方」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高橋石霞

没年:明治16.9.7(1883)
生年:文化5.11.14(1808.12.30)
幕末維新期の町人学者。本姓は和田氏,名は興孝,字は成立,通称は平八郎のち半右衛門,号は石霞。備後国府中(広島県府中市)に生まれ,17歳で安芸国賀茂郡竹原の高橋家を継ぎ,酒造業,古着商を営む。嘉永3(1850)年町年寄,のち広島藩の綿座頭取となり,文久3(1863)年隠居。独学で経史を学び特に易経に詳しく,また医学にも造詣が深かった。その学識を広瀬旭荘 は「詩に於ては竹下あり,学に於ては石霞あり」と,頼山陽の門人橋本竹下と並び称した。<著作>『〓穴便要』『針灸方書』『医学方書』『本草鑒要』『便農集単方』『幽顕録』<参考文献>永井潜『石霞遺影』

(遠藤正治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高橋石霞の関連キーワード懐徳堂奈良伝授NHK大河ドラマ尾崎琴洞押小路甫子小田部三平加藤田平八郎宮地正人和田定胤和田泰沖

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone