コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋貞次 たかはし さだつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋貞次 たかはし-さだつぐ

1902-1968 大正-昭和時代の刀匠。
明治35年4月14日生まれ。大阪の初代月山貞一(がっさん-さだかず)の門にはいり,貞一の子貞勝の指導をうける。東京の中央刀剣会の養成工となり,大正12年郷里の愛媛県西条にかえり独立。備前伝の丁字(ちょうじ)刃文を得意とした。昭和30年人間国宝。昭和43年8月21日死去。66歳。本名は金市。号は竜王子,竜泉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高橋貞次
たかはしさだつぐ
(1902―1968)

刀工。本名高橋金市。伊予(愛媛県)西条大町村(現西条市)に生まれる。1918年(大正7)16歳のとき大阪の月山貞一(がっさんさだかず)の門に入り、子の月山貞勝から直接に指導を受けた。その後、中央刀剣会の養成工となり、23年に郷里西条で独立、号を竜王子のちに竜泉という。55年(昭和30)重要無形文化財保持者に認定。松山市道後に没。伊勢(いせ)、熱田(あつた)、水無瀬(みなせ)などの各神宮の神宝刀(しんぽうとう)や天皇家の守刀をつくる。作風はとくに備前伝の丁子(ちょうじ)の刃文(はもん)を得意とし、刀身彫刻の技に抜群の力量を発揮した。[小笠原信夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

高橋貞次の関連キーワード高橋 貞二昭和時代刀匠

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android