コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田善右衛門 たかだ ぜんえもん

1件 の用語解説(高田善右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高田善右衛門 たかだ-ぜんえもん

1793-1868 江戸時代後期の商人。
寛政5年3月生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)五個荘の醤油(しょうゆ)醸造業の家に生まれる。父からの独立をこころざし,少額の資金でたばこ入れの行商をはじめ,ろうそく,灯心,笠などをあつかい成功。さらに麻布,呉服と拡張して京都に支店をひらいた。慶応4年5月10日死去。76歳。幼名は善次,のち善三郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高田善右衛門の関連キーワード戊辰戦争上田秋成ジャコバン憲法バンデーの反乱早竹虎吉(初代)明治東京(都)藤岡屋由蔵和学講談所岩鼻

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone