コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五個荘 ごかしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五個荘
ごかしょう

滋賀県南東部,東近江市北西部の旧町域。愛知川中流左岸にある。 1955年旭村,南五個荘村,北五個荘村の3村と安土町の一部が合体し町制。 2005年八日市市,永源寺町,愛東町,湖東町の1市3町と合体して東近江市となった。条里制遺構や古墳が多く,繖山 (きぬがさやま) に佐々木氏の観音寺城跡 (国指定史跡) がある。中心地区の五個荘は近江商人の出身地の一つ。米作のほか愛知川の砂利を原料とするコンクリートブロック製造や,繊維加工,織物の工場が多い。石馬寺をはじめ慈恩寺,弘誓寺 (ぐせいじ) などの古刹がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ごかしょう〔ゴカシヤウ〕【五個荘】

滋賀県東近江市の地名近江商人の出身地として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五個荘
ごかしょう

滋賀県中央部、神崎(かんざき)郡にあった旧町名(五個荘町(ちょう))。現在は東近江(おうみ)市の中北部を占める地域。旧五個荘町は、1955年(昭和30)旭(あさひ)、南五個荘、北五個荘の3村が合併、町制を施行して成立。2005年(平成17)八日市(ようかいち)市および神崎郡永源寺(えいげんじ)、愛知(えち)郡愛東(あいとう)、湖東(ことう)の3町と合併して東近江市となった。愛知川左岸の扇状地に位置し、中世の山前(やまさき)五個荘の地。近江鉄道、国道8号(中山道(なかせんどう))が通じる。江戸時代の近江商人発祥地の一つで、金堂(こんどう)地区には典型的な商家建築がみられる。外村宇兵衛(とのむらうへい)邸などが近江商人屋敷として公開されている。また、近江商人博物館もある。1998年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された。西部の観音寺城は中世の山城(やまじろ)として著名で、石馬(いしば)寺には十一面観音像など国指定重要文化財が多い。産業は農業が主で、織物業、梵鐘(ぼんしょう)鋳造業などが立地する。[高橋誠一]
『『五個荘町史』全4巻(1992~1994・五個荘町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

五個荘の関連キーワード重要伝統的建造物群保存地区滋賀県東近江市五個荘竜田町滋賀県東近江市五個荘金堂町小杉五郎右衛門(11代)東近江市近江商人博物館外村与左衛門(5代)滋賀県東近江市宮荘町外村与左衛門(9代)永源寺(旧町名)滋賀県東近江市五個荘[町]高田善右衛門東近江[市]東近江(市)滋賀(県)塚本 里子藤井 善助塚本 幸一湖東三名水佐伯 栄造

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五個荘の関連情報