コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田根麻呂 たかだの ねまろ

1件 の用語解説(高田根麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高田根麻呂 たかだの-ねまろ

?-653 飛鳥(あすか)時代の遣唐使。
白雉(はくち)4年大使として副使掃守小麻呂(かにもりの-おまろ)らと第2船にのり出帆したが,7月薩摩(さつま)(鹿児島県)沖で船が沈没して死去。一行120人のうち5人だけが竹島(鹿児島郡三島村)に漂着した。第1船の大使吉士長丹(きしの-ながに)らは翌年帰任。異称に八掬脛(やつかはぎ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

高田根麻呂の関連キーワード安達覚勝掃守小麻呂河辺麻呂吉士駒巨勢薬坂合部石積智宗津守吉祥東漢草足嶋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone