コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高辻家 たかつじけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高辻家
たかつじけ

菅原道真の後裔。道真6代の孫是綱から高辻を氏とした。紀伝道を家業とし,権大納言を極官とする。明治になって子爵。 (→菅原氏 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかつじけ【高辻家】

菅原姓の公家菅原道真の男大学頭高視の後裔,大学頭是綱(1030‐1107)のときより高辻を家名とした。爾来子孫世襲したが,1580年(天正8)権大納言長雅が没した後,嗣子がなくいったん断絶した。しかし一門の五条為経の次男遂長が入って高辻家を相続し,その息長純の跡には同族の東坊城長維の次男豊長が継承した。公家としての家格は半家。代々大学頭,文章博士となり,将官,弁官を経て権大納言に昇った。江戸時代には家禄200石を給され,儒道,文筆を家業とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高辻家の関連キーワード伏屋 美濃西高辻信厳伏屋美濃高辻是綱唐橋在正五条為学高辻修長菅原為長桑原忠長翰苑菅原

高辻家の関連情報