コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高雄型重巡洋艦 たかおがたじゅうじゅんようかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高雄型重巡洋艦
たかおがたじゅうじゅんようかん

旧日本海軍の重巡洋艦。条約型の妙高型重巡洋艦に次ぐ第2代目の4隻をいう。改装後基準排水量1万 1350t,速力 34kn,主砲 20cm砲 10,12.7cm高角砲8,61cm魚雷発射管 16,カタパルト2,水偵3機搭載。妙高型に比べて次のような点が改められた。 (1) 魚雷発射管を上甲板に置き被弾時の損害を局限。 (2) 弾火薬庫の防御強化。 (3) 舷側を5インチ (12.7cm) 装甲とした。 (4) 電気溶接の採用。 (5) 主砲の仰角を 70度とし対空射撃を可能とした。高雄型は太平洋戦争中数次の海戦に参加したが,1944年 10月のフィリピン海戦までは全艦健在であった。『高雄』は,32年5月横須賀工廠で竣工,45年シンガポール港内でイギリスの小型潜水艦により損傷,第2次世界大戦後の 46年 10月 29日,マラッカ海峡でイギリス海軍により処分。『愛宕 (あたご) 』は,32年3月呉工廠で竣工,44年 10月 23日,パラワン水道で潜水艦の雷撃により沈没。『鳥海』は,32年6月長崎三菱造船所で竣工,44年 10月 25日,レイテ湾海戦で空襲により沈没。『摩耶』は,32年6月神戸川崎造船所で竣工,44年 10月 23日,パラワン水道で潜水艦の雷撃によって沈没。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android