高麗氏(読み)こまうじ

世界大百科事典 第2版の解説

こまうじ【高麗氏】

高句麗の王族級出身の渡来氏族。668年の高句麗の滅亡前後,日本に亡命,帰化した人々の子孫。716年(霊亀2)駿河甲斐相模上総下総常陸下野の7国の1799人の高句麗人を移して武蔵国に高麗こま)郡が置かれた(埼玉県飯能市,日高町一帯)。武蔵高麗氏の始祖は若光といわれ,703年(大宝3)王姓を与えられた。高麗神社(日高町)社家高麗氏にはその系図が伝わる。発掘された大寺廃寺,高岡廃寺も高麗氏が造営した奈良・平安時代の寺院であろう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android