髪剃(読み)こうぞり

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐ぞり かう‥【髪剃】

〘名〙 (「かみそり」の変化した語)
① 髪をそる小型の刃物。こうずり。かみそり。
※多武峰少将物語(10C中)「御もとどりを手づからかうぞりして切り給ひにければ」
② 髪をそること。また、そる人。こうずり。かみそり。
※浄瑠璃・壇浦兜軍記(1732)三「親が子供の髪剃(カウゾリ)はほんの月代、逆剃(さかぞり)にせうかいの」
③ 髪をそって仏門に入ること。また、死者に戒を授けて髪を剃ること。こうずり。
※狭衣物語(1069‐77頃か)三「わざとならず、いひ消たせ給へるは、げに、かうそりも捨てつべき様なり」
④ 真宗で在家信者の頭に剃刀(かみそり)をあてがうだけの儀式をして仏門に帰依した証とすること。帰敬式(ききょうしき)。こうずり。おかみそり。

こう‐ずり かう‥【髪剃】

〘名〙
※歌舞伎・鳴神(1742か)「鳴神がかふずりをあてて、御仏の弟になったがよい」
※黄表紙・三筋緯客気植田(1787)中「だんな寺へゆき、こうずりをうけ、ばうづになりしとは、ちとはやまったしかたなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報