鬼哭(読み)キコク

大辞林 第三版の解説

きこく【鬼哭】

〔淮南子 本経訓
浮かばれない霊魂が恨めしさのあまりに泣くこと。また、その泣き声。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐こく【鬼哭】

〘名〙 浮かばれない霊魂が泣くこと。また、その声。
※幻雲詩藁(1533頃)二・月夜経古戦場「草満戦場寒月明、啾々鬼哭欲深更
※趣味の遺伝(1906)〈夏目漱石〉二「大笑の奥には熱涙が潜んで居る。雑談(じゃうだん)の底には啾々たる鬼哭(キコク)が聞える」 〔史記‐天官書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鬼哭の関連情報