鬼哭(読み)キコク

  • 鬼×哭

大辞林 第三版の解説

淮南子 本経訓
浮かばれない霊魂が恨めしさのあまりに泣くこと。また、その泣き声。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 浮かばれない霊魂が泣くこと。また、その声。
※幻雲詩藁(1533頃)二・月夜経古戦場「草満戦場寒月明、啾々鬼哭欲深更
※趣味の遺伝(1906)〈夏目漱石〉二「大笑の奥には熱涙が潜んで居る。雑談(じゃうだん)の底には啾々たる鬼哭(キコク)が聞える」 〔史記‐天官書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鬼哭の関連情報