コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼燻 オニフスベ

デジタル大辞泉の解説

おに‐ふすべ【鬼×燻】

ホコリタケ科のキノコ。秋、竹林に生える。巨大な球状で直径20~40センチ。外皮は白、内皮は黄色で、熟すと古綿状になり、粉状胞子にまみれる。若いうちは食用。やぶだま。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おにふすべ【鬼燻】

担子菌類腹菌目のきのこ。秋、竹林や原野に生じ、塊形で直径10~50センチメートルに達する。若いときは白色で軟らかく、はんぺん状で食用になる。熟すと黄褐色のもろいスポンジ状になり、煙のように胞子を飛ばす。ヤブダマ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鬼燻 (オニフスベ)

学名:Lanopila nipponica
植物。ホコリタケ科の腹菌類,薬用植物

鬼燻 (オニフスベ)

植物。ホコリタケ科のキノコ。ホコリタケの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

鬼燻の関連キーワードヤブダマ黄褐色白色原野

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android