コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼神のお松 キジンノオマツ

デジタル大辞泉の解説

きじん‐の‐おまつ【鬼神のお松】

江戸後期の女盗賊。文化・文政年間(1804~1830)に越後の笠松峠に住んだといわれる。小説・戯曲・講談などに描かれ、歌舞伎狂言「新板越白浪(しんぱんこしのしらなみ)」が有名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きじんのおまつ【鬼神のお松】

越後の笠松峠に住んでいたという女賊。また、これを脚色した三世桜田治助作の歌舞伎「新板越白浪こしのしらなみ」の通称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鬼神のお松の関連キーワード干渉(波)傷害保険全天カメラ満文老檔オーバーヘッドアプローチヤシ経度日付変更線百八十度マルクスアウレリウス

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone