コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼窟 キクツ

デジタル大辞泉の解説

き‐くつ【鬼窟】

鬼のすむ洞穴。
物事の道理に暗いこと。また、そういう仲間。
「談林風の―裡に堕在していた芭蕉の天才を」〈芥川芭蕉雑記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きくつ【鬼窟】

鬼の住んでいる洞窟。
物事をよく知らないでものの道理にくらいこと。また、そういう仲間や、それらの人々の集まっている所。 「英霊の俊児、亦遂に-裏に堕在して/野分 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鬼窟の関連キーワード壱岐対馬国定公園喜多川行麿田岡 嶺雲我鬼忌洞穴壱岐堕在道理芦辺

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鬼窟の関連情報