コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ま

4件 の用語解説(魔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


古くは摩,磨とも書いたが梁の武帝のとき,魔にしたのが始りといわれる。しかし,武帝以前に魔の字は存在したらしい。魔はサンスクリット語 māraの音写,魔羅の略語で,殺すものという意味。翻訳語に殺者,奪命,悪魔などがあるが,人の生命を奪い,善事を妨げる悪い鬼神をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ま【魔】

《「魔羅(まら)」の略》
仏教で、魔王。欲界第六天を支配する王。転じて、その仕業としての、悟りの妨げとなる煩悩(ぼんのう)・疑惑・懈怠(けだい)などのさわり。
人の心を迷わし、悪に引き入れる悪霊。悪魔。「―を払う」
悪い事がたびたび起こること。「―の踏切」「好事―多し」
異常なほど、ある物事に執着する人。「電話―」「収集―」

ま【魔】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉)
人をまどわし、災いをもたらすもの。化け物。「魔手色魔睡魔白魔病魔夢魔妖魔(ようま)
人を物事に熱中させるもの。「詩魔
不思議な術。「魔法
仏道修行を妨げる悪神。悟りの妨げ。梵語の音写「魔羅」の略。「魔王魔道悪魔降魔(ごうま)邪魔天魔
梵語の音訳字。「閻魔(えんま)断末魔

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ま【魔】

māra の音訳「魔羅」の略〕
仏教で、教えに親しんだり、修行に励むことを妨げるもの。悪神である天魔、内面に生ずる現象である煩悩魔、出来事である死魔など。
人に害悪をもたらす神。また、その不気味な力のはたらいていること。悪魔。魔物。 「 -よけ」 「 -の踏切」 「 -の十秒間」
度を超して、一つのことに熱心な人。 「メモ-」 「電話-」
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

魔の関連キーワード阿毘羅吽欠蘇婆訶閻魔羅倶舎魔羅‘Abd al-Raḥmān(アフガニスタン)Bādiya al-Raṣāfasaṃsāramūlādhāra-cakramārjāra-nyāya《Mānasāra》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

魔の関連情報