コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


古くは摩,磨とも書いたが梁の武帝のとき,魔にしたのが始りといわれる。しかし,武帝以前に魔の字は存在したらしい。魔はサンスクリット語 māraの音写魔羅略語で,殺すものという意味。翻訳語に殺者,奪命,悪魔などがあるが,人の生命を奪い,善事を妨げる悪い鬼神をさす。仏教では魔の内観的意味として,煩悩など衆生を悩ますものを魔といい,自己の身心から生じる障礙を内魔,外界から加わる障礙を外魔という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ま【魔】

《「魔羅(まら)」の略》
仏教で、魔王欲界第六天を支配する王。転じて、その仕業としての、悟りの妨げとなる煩悩(ぼんのう)疑惑懈怠(けだい)などのさわり。
人の心を迷わし、悪に引き入れる悪霊。悪魔。「を払う」
悪い事がたびたび起こること。「の踏切」「好事多し」
異常なほど、ある物事に執着する人。「電話」「収集

ま【魔】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉)
人をまどわし、災いをもたらすもの。化け物。「魔手色魔睡魔白魔病魔夢魔妖魔(ようま)
人を物事に熱中させるもの。「詩魔
不思議な術。「魔法
仏道修行を妨げる悪神。悟りの妨げ。梵語の音写「魔羅」の略。「魔王魔道悪魔降魔(ごうま)邪魔天魔
梵語の音訳字。「閻魔(えんま)断末魔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ま【魔】

māra の音訳「魔羅」の略〕
仏教で、教えに親しんだり、修行に励むことを妨げるもの。悪神である天魔、内面に生ずる現象である煩悩魔、出来事である死魔など。
人に害悪をもたらす神。また、その不気味な力のはたらいていること。悪魔。魔物。 「 -よけ」 「 -の踏切」 「 -の十秒間」
度を超して、一つのことに熱心な人。 「メモ-」 「電話-」
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

魔の関連キーワード閻魔天供・焔摩天供・焰摩天供死が二人をわかつまでウエディングベールドロロンえん魔くん新潟県柏崎市東本町大禍時・王莽時グランゾート閻魔天曼荼羅サイバスターアクアビートウインザートガイキング藤岡鬼面瓦閻魔大王破魔打ち閻魔参り閻魔詣で栃木鬼瓦魔の手閻魔王

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

魔の関連情報