コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒガイ

2件 の用語解説(鰉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひがい【×鰉】

コイ科の淡水魚。全長約15センチ。体は細長く、暗褐色で小黒斑が散在。短い口ひげが一対ある。湖沼・河川の砂礫(されき)底にすみ、二枚貝に産卵する。本州中部以西に分布したが、関東・東北地方にも広がる。美味。名の字は、明治天皇が賞味したことに由来。あかめ。さくらばえ。やなぎばえ。ほやる。 春》「酒少し淡海の―雛の夜/澄雄」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひがい【鰉】

コイ目の淡水魚。全長15~20センチメートル。体形は細長くやや側扁する。普通、体色は淡黄褐色で、腹は銀白色だが、斑紋などの変異も多い。二枚貝の中に産卵する。美味だが骨が多い。本州から九州にかけて分布し、湖や河川の砂礫底にすむ。サクラバエ。ヤナギバエ。 〔歴史的仮名遣い「ひがひ」か〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鰉の関連情報