コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬田川 せたがわ

7件 の用語解説(瀬田川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬田川
せたがわ

滋賀県大津市を流れる川。琵琶湖から流れる排水河川。湖の南端から京都府境までの約 15kmをいい,下流は宇治川,淀川となって大阪湾に注ぐ。平安時代から京都の外郭防御線をなし,瀬田付近はしばしば戦場となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せた‐がわ〔‐がは〕【瀬田川】

滋賀県、琵琶湖南端から流出する川。東岸の瀬田、西岸の石山は東海道の渡河点。京都府で宇治川、下流で淀川となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

瀬田川【せたがわ】

滋賀県琵琶湖南端に発する湖水流出川。南流して京都府に入って宇治川,大阪府で淀川となり大阪湾に注ぐ。湖上交通路の延長路で,畿内と東国を分ける政治・軍事上の要地であった。
→関連項目田上杣琵琶湖

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せたがわ【瀬田川】

琵琶湖南端から流出して滋賀県南西部を流れ,京都府に入って宇治川と名称を変え淀川に入る河川。宇治川となるまでの流路延長は14.7km。琵琶湖から流出する唯一の河川で,南郷洗堰(なんごうあらいぜき)の下流で大戸(だいと)川を合わせ,次いで米がし,鹿飛(ししとび)の奇勝地から峡谷をつくって南西方向に流れて宇治川となる。東岸の大津市瀬田地区は古来交通の要所として知られ,著名な合戦場でもあった。瀬田から対岸の石山へは東海道本線新幹線,国道1号線,名神高速道路,旧東海道(瀬田唐橋)の五つの橋がかかって新旧の対照をみせ,河岸には繊維,電器などの工場が集中する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せたがわ【瀬田川】

琵琶湖の南端から流出する川。下流は宇治川、淀川となって大阪湾に注ぐ。古来、北陸と大和を結ぶ重要な水路。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔滋賀県〕瀬田川(せたがわ)


滋賀県南部を流れる淀(よど)川上流部の別称。1級河川(淀川水系)。延長約15km。琵琶(びわ)湖の南岸から流出し、京都府境付近までをいう。下流は京都府に入り宇治(うじ)川とよばれ、淀川となって大阪湾に注ぐ。古代から東山道・東海道の要所にあたり、琵琶湖と畿内(きない)の各地方を結ぶ水路としての役目を担った。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瀬田川
せたがわ

滋賀県の琵琶(びわ)湖南端から流出して南下する川。古くは勢多川、世多川、勢田川とも書いた。下流は宇治川、淀(よど)川となる。流出口から大戸(だいと)川との合流点までを一般に瀬田川とよぶが、河川法では淀川である。全長15キロメートル。古くから北陸と大和(やまと)とを結ぶ水路として重要視され、東大寺造営用の木材も運搬された。東岸の瀬田、西岸の石山は東海道の渡河点であり、戦略上の要衝としてたびたび歴史上に現れている。現在もJR東海道本線瀬田川鉄橋、国道1号瀬田川大橋、東海道・山陽新幹線と名神高速道路の瀬田川橋、旧東海道の瀬田唐橋(からはし)など重要な交通路が集中している。1902年~1908年(明治35~41)の瀬田川改修工事で、湖口から5.5キロメートル地点の川幅が109メートルに拡幅されて水位が3.6メートル下げられた。1905年には南郷洗堰(なんごうあらいぜき)も完成した。現在の洗堰は1961年(昭和36)完成のダム形式のもので電動式の水位調節が行われる。[高橋誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀬田川の関連キーワード大津志賀太神山湖南守山栗東滋賀浦滋賀県大津市瀬田滋賀県湖南市西寺滋賀県湖南市東寺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

瀬田川の関連情報