鱏・鱝(読み)えい

精選版 日本国語大辞典の解説

えい えひ【鱏・鱝】

〘名〙 顎口上綱軟骨魚綱板鰓亜綱エイ目の魚類の総称。体は背腹から押しつぶしたように平たく、体盤を形成する。この体盤は大きな胸びれで縁どられる。この体盤の背面には目と噴水孔がある。腹面には口と鼻孔、五対(まれに七対)の鰓孔がある。尾部は細長く、多くの種がむち状になっている。尾びれは、あるものとないものがある。発電器官を備える種もある。多くの種類は底生であるが、中層を泳ぐ種もある。肉食性。卵生と胎生とがある。アカエイ、ガンギエイ、トビエイ、シビレエイなどの種類がある。こめ。《季・夏》
※書紀(720)斉明四年是歳(北野本室町時代訓)「北海の浜に魚の死にて積(つ)めり。厚さ三尺(みさか)(はかり)。其の大きさ(エヒ)の如くにして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android