コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビエイ トビエイMyliobatis tobijei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トビエイ
Myliobatis tobijei

トビエイ目トビエイ科の海水魚。全長 1.5mに達する大型のエイ。胸鰭が広く,全体に菱形で,頭部がやや突き出る。尾部は細長くむち状で,鋸歯状のとげがあり,これに刺されると非常に痛い。体表はなめらかで,背面は褐色,腹面は白色。本州から南シナ海の沿岸域に生息する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トビエイ

エイ目トビエイ科Myliobatidaeに属する海産魚の総称,またはそのうちの1種を指す。体板が広いことが鳥のトビに似るとか水上に跳び上がる習性からトビエイと名付けられたとかの説がある。英名はeagle rayでタカに似たエイの意。日本近海には4種のトビエイ類が分布する。トビエイHolorhinus tobijeiイラスト)は日本中部以南のやや沖合の底層域に生息する。背面が黒褐色で腹面は白い。頭部は厚くて前方に突き出して頭鰭(とうき)を形成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トビエイ
とびえい
eagle ray
[学]Myliobatis tobijei

軟骨魚綱エイ目トビエイ科に属する海水魚。南日本を中心とした日本各地、東シナ海などに分布する。胸びれが前進して頭部より前に出、体の最前端部で頭鰭(とうき)を形成すること、尾部に大きな棘(とげ)をもつこと、背びれは腹びれよりも後方に位置することなどが特徴である。全長1.8メートルに達する。胎生で、夏季に5~8尾の子を産む。ときに水上に飛び上がるところからその名がある。練り製品の原料になる程度である。本種のほか、トビエイ科には日本近海にウシバナトビエイRhinoptera javanica、アオスジトビエイAetomylaeus nichofii、マダラトビエイAetobatus narinariなどが分布し、尾棘(びきょく)の有無、背びれの位置、頭鰭の形などで区別される。これらの種は、いずれも産業的には重要ではない。[仲谷一宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トビエイの関連情報