コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹(き)矢 フキヤ

デジタル大辞泉の解説

ふき‐や【吹(き)矢】

竹筒などの中に入れ、勢いよく吹いて放つ矢。竹を串のように削って先を鋭く、手もとは太めに割れ目を入れて紙の羽をつける。武器、また小鳥を捕らえるのに用いる。
遊戯の一。からくり仕掛けで動く人形や、点数を記した回る円板などを的に射当てて賭物を争ったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

吹矢【ふきや】

竹や木の筒に矢をさし,息で矢を吹き出して射るもの。戦闘や狩猟,捕鳥にこれを使う場合もある。日本では鳥刺(とりさし)が捕鳥に使い,またこれで的を当てる遊びもあった。
→関連項目射的

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふきや【吹矢 blowgun】

長い筒に詰めた矢を呼気で吹き出して小動物を射る狩猟具。音をたてずに獲物をねらうことができ,森林の中の狩猟に有効であるが,矢が小型軽量であるため,とがった矢先に毒を塗って殺傷力を強化している。マレー半島セマン族サカイ族などにみられる吹矢は細い竹でつくられた2~5mの筒と,30cm以上の竹串の矢からなっている。筒には竹の表皮を除いて用い,筒口は樹脂で固められている。矢先にはユーパス(クワ科)の樹液などを煮つめてつくった矢毒が塗られ,矢先が獲物の体内に残るよう矢先の部分に刻みが入れられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吹矢
ふきや

吹筒と矢からなり、筒に矢を入れて息で矢を吹き飛ばす道具。筒は節を抜いた竹、アシの茎、くりぬいて中穴にした木などで、ときに2~3段に継ぎ、直径2~4センチメートル、全長は1.5~3.6メートルに及ぶ。矢は竹やヤシの葉肋(ようろく)などを細く削って先端をとがらせ、元には息を受けるための綿、コルク質の木の髄などを取り付けたもので、長さは15~30センチメートル程度である。射程は最大100メートル足らずで、熟達すれば、50メートル前後まではかなり正確に的中させうる。
 矢自体は軽く、打撃も小さいが、矢毒を用いることによって効果は著しく増大する。矢毒としては、東南アジアではクワ科の樹皮からとるイポー、南アメリカではツヅラフジ科、フジウツギ科の植物から抽出するクラーレが著名である。矢は使用すると回収が困難で、かつ毒矢の場合、そのまま携行するのは危険を伴うため、十数本から数十本をまとめてケースに入れ、持ち運ぶことが多い。
 吹矢は東南アジア、南アメリカの熱帯、亜熱帯森林地域では、狩猟用具として重要で、とくに見通しが悪く、対象への接近が困難な密林で、樹上性の鳥や獣などの狩猟に有効である。また、漁労や戦闘用にもしばしば用いられる。その他の地域、たとえば日本やアメリカの中部以北、ミクロネシア、メラネシアなどでは、吹矢は小鳥の狩猟など限られた目的を除き、むしろ遊びの道具としての性格が強い。[鹿野勝彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

吹(き)矢の関連キーワード日本スポーツ吹矢協会わな猟(罠猟)会津若松(市)スポーツ吹矢東山[温泉]パイナップルマキリタレクリーク族会津盆地ワイワイ筋弛緩薬プナン族割れ目ヒバロワタ竹筒

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android