コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居忠吉 とりい ただよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居忠吉 とりい-ただよし

?-1572 戦国時代の武将。
長享(1487-89)のころ三河(愛知県)で生まれ,松平清康(きよやす),広忠(ひろただ)につかえる。広忠の子竹千代(徳川家康)が駿府(すんぷ)(静岡市)で人質になっていたとき,今川義元(よしもと)指揮下の岡崎で総奉行をつとめ,家康の帰還後の活動にそなえ,ひそかに城内に物資をたくわえた。元亀(げんき)3年3月25日八十余歳で死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鳥居忠吉の関連キーワード鳥居忠広鳥居元忠長享

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android