コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居重栄 とりい しげよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居重栄 とりい-しげよし

1812-1906 江戸後期-明治時代の神職,歌人。
文化9年9月生まれ。伊豆(いず)三島神社(静岡県)の主典平田銕胤(かねたね),権田直助(ごんだ-なおすけ)に国学,神道をまなぶ。戊辰(ぼしん)戦争の際,新政府軍に呼応して矢田部盛治(もりはる)らが結成した伊豆伊吹隊に参加。歌は「大八洲(おおやしま)歌集」などにおさめられている。明治39年5月25日死去。95歳。本姓は波多野。名はのち鎮。通称は彦太夫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鳥居重栄の関連キーワード波多野彦太夫

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android