コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律 ちょうじゅうのほごおよびしゅりょうのてきせいかにかんするほうりつ

1件 の用語解説(鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律
ちょうじゅうのほごおよびしゅりょうのてきせいかにかんするほうりつ

平成14年法律88号。鳥獣保護法ともいう。鳥獣の保護事業を実施するとともに,鳥獣による生活環境や生物の生態系にかかる被害を防止し,猟具の使用にかかる危険を予防することによって,鳥獣の保護繁殖および狩猟の適正化をはかって,生活環境の保全,生態系の確保,農林水産業の振興に資することを目的とする法律。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律の関連キーワード禁猟区鳥獣保護区休猟区狩猟法鳥獣保護法特定鳥獣保護管理計画鳥獣保護鳥獣保護員鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律特別保護地区(鳥獣保護区)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone