コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

休猟区 キュウリョウク

百科事典マイペディアの解説

休猟区【きゅうりょうく】

一定の地域の狩猟鳥獣が減少し,その増加を図る必要があると認められる場合,〈鳥獣保護法〉に基づき,3年以内の期限を限り,都道府県知事が指定する鳥獣捕獲の禁止区域。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうりょうく【休猟区】

狩猟鳥獣が減少し、その増加を図る必要のあるとき、三年以内の期間で、都道府県知事の指定により捕獲が禁止される地域。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

休猟区
きゅうりょうく

狩猟を休止させている区域。「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」によって設定された鳥獣保護区域の一種で、一定の地域における狩猟鳥獣が減少した場合、その増殖を図るために、都道府県知事が3年以内の期間で設定する。規模は1か所当り1500ヘクタール以上。3年という期間の根拠は、地形に著しい変化が加えられず、かつ人為的捕獲を中止した場合、狩猟鳥獣は通常2~3年で回復を示すためである。休猟区は、期間が満了すれば開放して、一般狩猟場もしくは猟区(有料狩猟場)にし、その隣接地を休猟区にするという巡回方式にすることが多い。特別の許可なく休猟区で鳥獣を捕獲した者は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられる。[白井邦彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の休猟区の言及

【鳥獣保護区】より

…そのため,鳥獣の保護・増殖を目的とするといいながらも徹底した処置とはいえない。なお,鳥獣保護区に関連して休猟区がある。これは3ヵ年以内の期間を限って指定の区域内での鳥獣の捕獲を禁止し,鳥獣の増殖をはかるため設定されるものだが,狩猟を対象とした処置である。…

※「休猟区」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

休猟区の関連キーワード鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律ハンティング禁猟地禁猟区

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android