鳩の目(読み)ハトノメ

デジタル大辞泉の解説

はと‐の‐め【×鳩の目】

《「鳩の目銭」の略。円形で、銭の穴が鳩の目に似ているところから》近世初期、伊勢参宮の人が賽銭(さいせん)代わりにまいた私鋳の鉛銭。表裏とも文字がなく、銭1文につき10文ないし12文で交換した。勢州宮銭。伊勢宮銭。通宮銭。鳩目。
「宮廻りの蒔銭(まきせん)に―といふをかしげなる鉛銭(なまりぜに)」〈浮・永代蔵・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はとのめ【鳩の目】

「鳩の目銭」の略。 「宮廻りの蒔銭まきせんに-といふをかしげなる鉛銭/浮世草子・永代蔵 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android