コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目銭 めぜに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

目銭
めぜに

「もくせん」とも読む。 (1) 室町時代良銭悪銭が一緒に流通したため,支払いにあたって,悪は良銭よりも多量の銭で良銭と同額とされた。この差の部分 (打歩) を目銭という。 (2) 鎌倉~室町時代,水路関,港を通過する商船に賦課した租税。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

もく‐せん【目銭】

中世、港の関で商船に課した入津税。また、酒屋酒壺寺領の段別に課した雑税

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めぜに【目銭】

もくせん【目銭】

〔「めぜに」とも〕
中世、商船に課した入港税。
中世、酒屋役や段銭の称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

目銭の関連キーワード目銭(もくせん)目銭(めぜに)顧頡剛趙令穣李公麟兵庫関酒屋役鳩の目蒔き銭中世段銭趙昌口銭風呂津料海嘯

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目銭の関連情報