鴻池新右衛門(読み)こうのいけ しんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鴻池新右衛門 こうのいけ-しんえもん

1570-1651* 江戸時代前期の商人。
元亀(げんき)元年12月生まれ。山中幸盛(ゆきもり)の子という。慶長のころ摂津鴻池村(兵庫県)で清酒造りをはじめ,江戸におくって利益をあげる。元和(げんな)5年大坂に本拠をうつす。寛永2年清酒の江戸への海上輸送に成功して海運業もおこし,鴻池家の基礎をきずいた。慶安3年12月5日死去。81歳。幼名は新六。名は幸元。
【格言など】謙(へりくだ)り驕(おご)らず,第一家職を励むべきこと(家訓)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android