コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵜飼吉左衛門 うがいきちざえもん

3件 の用語解説(鵜飼吉左衛門の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鵜飼吉左衛門
うがいきちざえもん

[生]寛政10(1798)
[没]安政6(1859).10.
江戸時代末期の水戸藩士。名は知信。拙斎と号した。鵜飼真教の子。叔父の水戸藩士鵜飼幸吉和益に養われた。天保年間 (1830~44) 京都留守居となったが,弘化3 (46) 年免職。なお藩主徳川斉昭の命を受け尊攘派の公卿らと交わり,将軍継嗣問題日米修好通商条約 (→安政五ヵ国条約 ) の勅許問題では,大老井伊直弼に反対。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鵜飼吉左衛門 うがい-きちざえもん

1798-1859 幕末の武士。
寛政10年生まれ。鵜飼幸吉の父。常陸(ひたち)水戸藩の京都留守居役。藩にくだされた戊午(ぼご)の密勅にかかわる中心人物ひとり。この密勅が安政の大獄のきっかけとなり,幕府に捕らえられて安政6年8月27日処刑された。62歳。名は知信。字(あざな)は子熊。号は拙斎,聒翁。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鵜飼吉左衛門

没年:安政6.8.27(1859.9.23)
生年:寛政10(1798)
安政大獄で刑死した水戸藩京都留守居役。諱は知信,字は子熊,拙斎と号す。尾張国(愛知県)中島村の生まれ。父は水戸藩士鵜飼真教,叔父知益の養子。天保14(1843)年京都留守居役,大番組,弘化1(1844)年,藩主徳川斉昭の隠居謹慎に際し処罰解除を公家に訴え,免職。斉昭藩政復帰後の嘉永6(1853)年に復職,水戸藩の朝廷工作に従事。日米修好通商条約勅許阻止に一応成功したが,井伊直弼ら南紀派のために徳川慶喜の将軍継嗣擁立の勅命獲得には失敗。安政5(1858)年8月,水戸藩あての密勅(戊午の密勅)を朝廷より受領,息子幸吉に勅書を斉昭のもとに運ばせた。密勅降下を工作したなどのかどで死罪。死に際し斉昭の安否を問うたという。

(吉田昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鵜飼吉左衛門の関連キーワード富士谷元広安島帯刀留守居番鵜飼幸吉勝野正道日下部伊三次日下部裕之進茅根伊予之介所佐一郎京都留守居

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone