コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵠沼 くげぬま

3件 の用語解説(鵠沼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鵠沼
くげぬま

神奈川県南部,藤沢市の地区。湘南砂丘帯にあり,中心市街地藤沢の南に接する。昭和初期に小田急電鉄江ノ島線が開通してから別荘地,保養地となった。第2次世界大戦後は京浜の住宅地区。北部は工業地区

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鵠沼【くげぬま】

神奈川県藤沢市,東海道本線と相模湾にはさまれた砂丘地。別荘地として有名であるが,小田急江ノ島線江ノ島電鉄が通じて以後住宅地化も進んだ。西浜海岸(鵠沼海岸)は海水浴場で,海岸公園がある。
→関連項目藤沢[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鵠沼
くげぬま

神奈川県藤沢市南部の住宅、工業地域。旧鵠沼村。JR東海道本線、小田急電鉄江ノ島線、江ノ島電鉄線が通ずる。片瀬川(境川)、引地(ひきじ)川の間に広がり、地形上は湘南(しょうなん)砂丘と浜堤列の東端部。もとは農漁村で、一帯の松林はショウロ、ハツタケの特産で知られ、幕末にはここの海岸が幕府の砲術練習場とされた。大正に入って京浜の別荘地として開け始め、昭和初期の小田急江ノ島線の開通が住宅地開発のきっかけをなした。第二次世界大戦中に北西端地区がおもに京浜工場の疎開、増設地域となった。現在は電気、機械、化学などの内陸型大工場が進出し、湘南工業地域の一部を形成している。鵠沼皇大神宮(烏森(からすもり)神社)がある。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鵠沼の関連キーワード神奈川県藤沢市打戻神奈川県藤沢市遠藤神奈川県藤沢市大庭神奈川県藤沢市片瀬神奈川県藤沢市片瀬海岸神奈川県藤沢市川名神奈川県藤沢市湘南台神奈川県藤沢市藤沢神奈川県藤沢市本藤沢神奈川県藤沢市南藤沢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鵠沼の関連情報