鵷鸞・鴛鸞(読み)えんらん

  • えんらん ヱン‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (もと、「鵷」も「鸞」も鳳凰(ほうおう)の一種。「鴛」はおしどりであるが、「鵷」と同音のため通じて用いられる) (りっぱな鳥にたとえて)朝廷の役人。殿上人。また、その行列。
※本朝文粋(1060頃)一一・女一宮御著袴翌日宴和歌序〈藤原斉信〉「鵷鸞連袂、謳吟窈窕、隔簾談咲」 〔高適‐東平旅遊奉贈薜太守詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android