鶴岡善久(読み)つるおか よしひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴岡善久 つるおか-よしひさ

1936- 昭和後期-平成時代の詩人,評論家。
昭和11年4月13日生まれ。詩誌「時間」「地球」同人をへて,沢村光博と「想像」「言葉」を編集する。シュールレアリスムの詩と絵画についての評論もかき,フランスの詩人で画家のミショーと親交をむすぶ。千葉県出身。明大卒。詩集に「薔薇祭」「蜃気楼の旅」,評論集に「日本超現実主義詩論」「超現実と俳句」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android