コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴沢友次郎(2代) つるざわ ともじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴沢友次郎(2代) つるざわ-ともじろう

?-1807 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
初代鶴沢友次郎の門人。寛政12年2代友次郎を襲名。「本朝廿四孝」「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」などを作曲した。文化4年10月3日死去。前名は鶴沢文蔵(初代)。屋号は児島屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鶴沢友次郎(2代)

没年:文化4.10.3(1807.11.2)
生年:生年不詳
江戸中・後期の義太夫節三味線弾き。初代友次郎の門弟。前名初代文蔵。寛政12(1800)年に2代目を襲名した。通称児島屋。人形浄瑠璃竹本座で活躍する一方,「本朝廿四孝」「妹背山婦女庭訓」などの作曲も手がけた。質実な曲風で「きっすいの西流」といわれる。天明1(1781)年の浄瑠璃評判記で至極上々吉惣巻頭に位置づけられたが,三味線弾きが太夫より上位になったのは,彼とその師初代友次郎のみである。門弟に2代目文蔵,初代清七らがいる。<参考文献>『義太夫年表/近世篇1,2』

(鎌倉惠子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

鶴沢友次郎(2代)の関連キーワード並木五瓶(初代)レザーノフスティロライトラテライト藤田貞資株式会社休明光記亀山焼三菱自動車五雲亭貞秀