コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴沢友次郎(2代) つるざわ ともじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴沢友次郎(2代) つるざわ-ともじろう

?-1807 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
初代鶴沢友次郎の門人。寛政12年2代友次郎を襲名。「本朝廿四孝」「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」などを作曲した。文化4年10月3日死去。前名は鶴沢文蔵(初代)。屋号は児島屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鶴沢友次郎(2代)

没年:文化4.10.3(1807.11.2)
生年:生年不詳
江戸中・後期の義太夫節三味線弾き。初代友次郎の門弟。前名初代文蔵。寛政12(1800)年に2代目を襲名した。通称児島屋。人形浄瑠璃竹本座で活躍する一方,「本朝廿四孝」「妹背山婦女庭訓」などの作曲も手がけた。質実な曲風で「きっすいの西流」といわれる。天明1(1781)年の浄瑠璃評判記で至極上々吉惣巻頭に位置づけられたが,三味線弾きが太夫より上位になったのは,彼とその師初代友次郎のみである。門弟に2代目文蔵,初代清七らがいる。<参考文献>『義太夫年表/近世篇1,2』

(鎌倉惠子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

鶴沢友次郎(2代)の関連キーワード鶴沢 友次郎(6代目)豊沢 松太郎(1代目)竹本 綾瀬太夫(初代)野沢 喜八郎(9代目)野沢 喜八郎(7代目)鶴沢 燕三(5代目)豊沢 松太郎(初代)鶴沢友次郎(初代)鶴沢友次郎(4代)鶴沢友次郎(5代)鶴沢友次郎(6世)鶴沢道八(1世)鶴沢燕三(5世)鶴沢寛治(4代)鶴沢清七(1世)鶴沢燕三(5代)鶴沢文蔵(1世)鶴沢清七(3代)鶴沢文蔵(3代)鶴沢清七(初代)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android