コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鸞宿 らんしゅく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鸞宿 らんしゅく

1682-1750 江戸時代中期の僧。
天和(てんな)2年生まれ。浄土宗。霊玄について出家。のち江戸増上寺でまなぶ。下総(しもうさ)小金(千葉県)東漸寺,常陸(ひたち)(茨城県)常福寺の住職をへて知恩院住職となる。インド,中国,日本の浄土宗の流れを「浄土伝灯総系譜」として編集した。寛延3年10月15日死去。69歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。号は台蓮社霊誉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鸞宿の関連キーワード鸞山天和

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android