コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿子木謙之助 かのこぎ けんのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿子木謙之助 かのこぎ-けんのすけ

1785*-1861 江戸時代後期の開拓者。
天明4年12月12日生まれ。鹿子木量平の4男。文化8年(1811)肥後(熊本県)八代郡野津郷の惣庄屋となる。文政4年父とともに八代海の八代,益城(ましき),宇土の3郡にわたる沿岸を干拓し,鏡村に700haの新地をひらくなど農地の拡張につくした。文久元年6月17日死去。78歳。名は維資。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鹿子木謙之助の関連キーワードベルトレ文久炭酸塩岩脈サルデーニャ王国ドストエフスキーオセアニア史(年表)三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone