コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿沢[温泉] かざわ

百科事典マイペディアの解説

鹿沢[温泉]【かざわ】

群馬県吾妻(あがつま)郡嬬恋(つまごい)村,湯ノ丸山北麓の温泉。含土類重ソウ泉。45℃。古代の開湯を伝え,江戸時代には15軒の湯小屋があった。一帯は高原で避暑地として有名。
→関連項目新鹿沢[温泉]嬬恋[村]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かざわ【鹿沢[温泉]】

群馬県西部,吾妻(あがつま)郡嬬恋(つまごい)村にある温泉。湯ノ丸山,桟敷山,角間山など標高2000m前後の山に囲まれた湯尻川の渓流に臨み,標高約1500mの高地にあって山の湯とも呼ばれる。単純泉,45℃。1918年までは温泉街を形成していたが,大火で全滅し,1軒を残して4km離れた新鹿沢温泉に移った。上信越国立公園に属し,夏はハイキング場,冬は絶好のスキー場となる。新鹿沢温泉との間に鹿沢国民休暇村がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

鹿沢[温泉]の関連キーワード上信越高原国立公園

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android