コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麒麟草 キリンソウ

デジタル大辞泉の解説

きりん‐そう〔‐サウ〕【××麟草】

ベンケイソウ科の多年草。山地に生え、高さ10~30センチ。葉は柄がなく、倒卵形で先が丸みを帯び、縁にぎざぎざがあり、厚い。夏、茎の先に黄色の小花を多数つける。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きりんそう【麒麟草】

ベンケイソウ科の多年草。山中の岩上に生える。茎は高さ30センチメートルで、叢生する。葉は広倒披針形で多肉質。夏、茎頂に出た散房花序上に黄色五弁花が多数つく。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

麒麟草 (キリンソウ)

学名:Sedum kamtschaticum
植物。ベンケイソウ科の多年草,園芸植物

麒麟草 (キリンソウ)

植物。羅生門葛の別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

麒麟草の関連キーワードキリンソウ(黄輪草)散房花序

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android