麒麟草(読み)キリンソウ

デジタル大辞泉の解説

きりん‐そう〔‐サウ〕【××麟草】

ベンケイソウ科の多年草。山地に生え、高さ10~30センチ。葉は柄がなく、倒卵形で先が丸みを帯び、縁にぎざぎざがあり、厚い。夏、茎の先に黄色の小花を多数つける。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きりんそう【麒麟草】

ベンケイソウ科の多年草。山中の岩上に生える。茎は高さ30センチメートルで、叢生する。葉は広倒披針形で多肉質。夏、茎頂に出た散房花序上に黄色五弁花が多数つく。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きりん‐そう ‥サウ【麒麟草】

〘名〙
① ベンケイソウ科の多年草。各地の山や海岸近くの乾いた岩の上に生え、観賞用として庭園などで栽培されることもある。茎は叢生し、高さ約三〇センチメートルになる。葉は多肉質で長さ三~四センチメートルの長楕円状倒卵形、縁は上半部に鋸歯(きょし)がある。夏、茎の上部で多く枝分かれし、径一二ミリメートルほどの黄色五弁花を多数つけた平たい花序となる。若葉は苦味をとってあえ物や浸し物にする。漢名の費菜は中国産の同属の別種をさす。《季・夏》 〔新撰類聚往来(1492‐1521頃)〕
俳諧・鷹筑波(1638)四「をそく咲は駑馬(どば)にやをとるきりん草」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android