羅生門蔓(読み)ラショウモンカズラ

デジタル大辞泉の解説

らしょうもん‐かずら〔ラシヤウモンかづら〕【羅生門×蔓】

シソ科の多年草山野に生え、高さ15~30センチ。葉は心臓形で、対生。4、5月ごろ、上部の茎に、紫色の唇形の花が並んでつく。名は、花の形を羅生門(羅城門)で切り落とされたという鬼の腕になぞらえたことによる。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

羅生門蔓 (ラショウモンカズラ)

学名:Meehania urticifolia
植物。シソ科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

らしょうもん‐かずら ラシャウモンかづら【羅生門蔓】

〘名〙 シソ科の多年草。本州・四国・九州の山地の林下に生える。高さ一五~三〇センチメートル。全体に芳香があり、白い細毛を散布。茎には四稜があり、花後枝は長く地をはって節から根を下ろす。葉は柄をもち対生。葉身は三角状卵形で基部は切れ込み縁に鋸歯(きょし)がある。春、梢頭に鮮紫色の筒状唇形花を数層に輪生した花穂をつける。和名は、太い花冠を羅生門で渡辺綱が切り落とした鬼の腕になぞらえたことによる。るりちょうそう。らしょうもん。《季・春》 〔物品識名(1809)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる