黄慎(読み)こうしん

百科事典マイペディア「黄慎」の解説

黄慎【こうしん】

中国,清代の画家。字は恭懋(きょうぼう)。号は【えい】瓢(えいひょう)。福建省寧化に生まれ,名をあげたのち揚州に移り,揚州八怪の一人に数えられる。浙派(せっぱ)風の勢いのある筆致で山水,人物を描き,特に人物画に自由で個性的な表現をみせた。書,詩文もよくし,三絶と称された。
→関連項目李【ぜん】

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「黄慎」の解説

こうしん【黄慎 Huáng Shèn】

1687‐1768以後
中国,清代中期の画家。福建省寧化の人。字は恭懋(きようぼう)また恭寿。号は癭瓢えいひよう)。家が貧しく,幼いときは父の書を読み,長じてからは母に孝養をつくした。41歳のときから老母とともに揚州に住み,鄭燮(ていしよう)らと交友があった。揚州八怪の一人。絵は,はじめ同郷の上官周に学び精緻な人物・山水画をかいたが,晩年には粗略な筆致で大幅道釈画を描いた。代表作は《山水図冊》(1638,京都泉屋博古館)ほか。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「黄慎」の解説

黄慎
こうしん

揚州八怪」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の黄慎の言及

【揚州八怪】より

…中国,清の乾隆年間(1736‐95),江蘇省揚州で活躍した8人の個性主義的画家。金農,黄慎(こうしん),李鱓(りぜん),汪士慎,高翔(こうしよう),鄭燮(ていしよう),李方膺(りほうよう),羅聘(らへい)。そのほか,高鳳翰(こうほうかん),閔貞(びんてい),華嵒(かがん)らを加え,揚州派ともいう。…

※「黄慎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android