コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄文王 きぶみおう

3件 の用語解説(黄文王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黄文王 きぶみおう

?-757 奈良時代,長屋王の王子。
母が藤原不比等(ふひと)の娘だったため,長屋王の変では助命され,従四位上,散位頭(かみ)にすすむ。のち橘(たちばなの)奈良麻呂の謀議にくわわり,皇太子に擁立されようとしたが,発覚して捕らえられ,拷問をうけて天平勝宝(てんぴょうしょうほう)9年7月4日死去(橘奈良麻呂の変)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

黄文王

没年:天平宝字1.7(757)
生年:生年不詳
奈良時代の皇族。長屋王と藤原不比等の娘の子。高市皇子の孫。不比等の外孫ゆえに長屋王の変(729)後も生存した。天平9(737)年10月従五位下。13年には散位頭に任じられた。17年に聖武天皇が病気の際,橘奈良麻呂は,黄文王を即位させて,民の安定を図ろうと大伴・佐伯両氏と共同で計画を練ったという。天平宝字1(757)年7月その計画が藤原仲麻呂主導の政府に漏れ,奈良麻呂らは獄中で尋問を受けた。兄の安宿王が,奈良麻呂の計画を黄文王から聞き謀議に加わったと自白したため,黄文王は名を(久奈)多夫礼と改められ,拷問を受けて死んだ。

(寺崎保広)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きぶみのおう【黄文王】

?‐757(天平宝字1)
天武天皇の曾孫,高市(たけち)皇子の孫。父の長屋王が729年(天平1)謀反の疑いで自尽したとき,母が藤原不比等の女であったので兄の安宿王あすかべのおう),弟の山背王とともに助命された。735年従五位下,740年従四位上に至り,翌年散位頭。橘奈良麻呂の変の関係者の自白によると,745年の聖武天皇大病のとき橘奈良麻呂は黄文王を皇太子にしようとし,大伴・佐伯両氏を誘っている。756年(天平勝宝8)5月聖武天皇没後に御装束司となったが,翌月橘奈良麻呂の謀議に加わり,皇太子に予定され,安宿王を誘っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黄文王の関連キーワード道祖王天平宝字阿倍嶋麻呂阿倍橘娘大原桜井大原高安小倉王智通(1)船王文室浄三

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone