コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄橡 きつるばみ

色名がわかる辞典の解説

きつるばみ【黄橡】

色名の一つ。くすんだ、にぶい古色の輝きをもち、黄金こがねに近い。「橡」とはブナ科クヌギの古名で、その実のドングリを煎じた汁を古来から染色に用いてきた。媒染によって色が異なり、灰汁あくを用いて染めた色が黄橡とされる。赤白橡青白橡も「橡」という言葉を用いるが、こちらは橡を使って染めた色ではない。ただし、両方とも高貴な色で禁色きんじきであった。黄も一定の位の者にだけ許された色。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

き‐つるばみ【黄×橡】

染め色の名。くすんだ黄赤色。木蘭色(もくらんじき)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きつるばみ【黄橡】

染め色の名。灰色がかった黄赤色。木蘭もくらん色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

黄橡の関連キーワード木蘭黒橡染色色名禁色古名

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android