コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄丹 おうに

色名がわかる辞典の解説

おうに【黄丹】

色名の一つ。「おうたん」とも読む。JISの色彩規格では「つよい黄赤」としている。一般に、やや黄色みがかった丹色のこと。だいだいに近い。クチナシベニバナを重ね染めした色で歴史が古く、『延喜式えんぎしき』に記載がある。皇太子が着用するほうの色とされ、禁色きんじきであった。現代の身近な例ではひな人形にみることができる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おう‐だん〔ワウ‐〕【黄丹】

おうに(黄丹)」に同じ。

おう‐に〔ワウ‐〕【黄丹】

染め色の名。梔子(くちなし)と紅花(べにばな)とで染めた赤みの多い黄色。皇太子の袍(ほう)の色とされ、禁色(きんじき)の一つであった。おうだん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうたん【黄丹】

古代からの染め色の一。紅花べにばなと梔子くちなしで染めた赤みの強い黄赤。皇太子の袍ほうの色で、禁色の一。おうに。

おうに【黄丹】

おうたん(黄丹)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

黄丹の関連キーワード黄丹(おうだん)黄丹(おうに)浦上弥五衛門喜多川俵二吸出し膏薬竹田宗柏黄朽葉祭服色名礼服

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android