コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄丹 おうに

色名がわかる辞典の解説

おうに【黄丹】

色名の一つ。「おうたん」とも読む。JISの色彩規格では「つよい黄赤」としている。一般に、やや黄色みがかった丹色のこと。だいだいに近い。クチナシベニバナを重ね染めした色で歴史が古く、『延喜式えんぎしき』に記載がある。皇太子が着用するほうの色とされ、禁色きんじきであった。現代の身近な例ではひな人形にみることができる。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おう‐だん〔ワウ‐〕【黄丹】

おうに(黄丹)」に同じ。

おう‐に〔ワウ‐〕【黄丹】

染め色の名。梔子(くちなし)と紅花(べにばな)とで染めた赤みの多い黄色。皇太子の袍(ほう)の色とされ、禁色(きんじき)の一つであった。おうだん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おうたん【黄丹】

古代からの染め色の一。紅花べにばなと梔子くちなしで染めた赤みの強い黄赤。皇太子の袍ほうの色で、禁色の一。おうに。

おうに【黄丹】

おうたん(黄丹) 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

黄丹の関連キーワード黄丹(おうだん)黄丹(おうに)浦上弥五衛門喜多川俵二吸出し膏薬竹田宗柏黄朽葉祭服色名礼服

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android