黄丹(読み)おうに

色名がわかる辞典の解説

おうに【黄丹】

色名の一つ。「おうたん」とも読む。JISの色彩規格では「つよい黄赤」としている。一般に、やや黄色みがかった丹色のこと。だいだいに近い。クチナシベニバナを重ね染めした色で歴史が古く、『延喜式えんぎしき』に記載がある。皇太子が着用するほうの色とされ、禁色きんじきであった。現代の身近な例ではひな人形にみることができる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

おうたん【黄丹】

古代からの染め色の一。紅花べにばなと梔子くちなしで染めた赤みの強い黄赤。皇太子の袍ほうの色で、禁色の一。おうに。

おうに【黄丹】

おうたん(黄丹)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おう‐だん ワウ‥【黄丹】

〘名〙 染色の一種。赤みの多い黄色。クチナシとベニバナとで染めたもの。古来、皇太子の袍(ほう)の色で禁色(きんじき)の一つであった。おうに。きあか。
※延喜式(927)一四「黄綾一疋、紅花大十斤八両、支子一斗二升、酢一斗、麩五升、藁四囲、薪一百八十斤」 〔文明本節用集(室町中)〕

おう‐に ワウ‥【黄丹】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android