コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木蘭 モクラン

デジタル大辞泉の解説

もく‐らん【木×蘭】

モクレンの別名。
木蘭色(もくらんじき)」の略。
織り色の名。縦糸が黒、横糸が黄のもの。
襲(かさね)の色目の名。表は黄、裏は黒のもの。

ムーラン【木蘭】

もくらん(木蘭)

もくらん【木蘭】[人名]

中国の伝説上の女性。年老いた父の代わりに男装して従軍し、功を立てて故郷に帰ったとされ、古くから民謡詩歌戯曲題材となっている。ムーラン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

木蘭【もくらん】

中国の民間伝説の女主人公老病の父に代わり男装して出征。十数年の奮戦の後,恩賞を得て女性の姿に戻って帰郷する。北中国の民間歌謡が伝承され,釈智匠の《古今楽録》に収める《木蘭詩(辞)》がある。詩歌,京劇などの題材として広くとりあげられた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もくらん【木蘭 Mù lán】

中国の民間伝説・歌謡の女主人公。父親に従軍の命令がきたとき,老病で任にたえぬ父親に替わり,娘の木が男装して従軍し軍功を建てる。釈智匠の《古今楽録》に収める《木蘭詩(辞)》がこの物語を記す最も古い文献だとされ,元来,南北朝期の北方の民間民謡に由来するとされる。木蘭従軍の故事は後代,詩歌の題材となるほか,現在の京劇など伝統戯曲においても《花木蘭》(花(か)が木蘭の姓)の題で演じられている。なおそこでは元帥の賀廷玉が木蘭をぜひとも自分のむすめの婿にと願ったことから,木蘭が女性であることが知れるという筋書となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

もくらん【木蘭】

木蓮もくれんの異名。
染め色の名。赤みを帯びた灰黄色。上代は黄橡きつるばみと同色とされた。織り色では経たて黒、緯よこ黄。
かさねの色目の名。表は黄、裏は黒。四季通用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

木蘭 (モクレン・モクラン)

学名:Magnolia liliflora
植物。モクレン科の落葉大低木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木蘭の関連情報