コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄水仙 キズイセン

デジタル大辞泉の解説

き‐ずいせん【黄水仙】

ヒガンバナ科の多年草。葉は剣状。春、濃黄色の花を横向きに開く。南ヨーロッパの原産で、江戸末期に渡来。観賞用。ジョンキル水仙。 春》「突風や算を乱して―/汀女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きずいせん【黄水仙】

ヒガンバナ科の多年草。南ヨーロッパ原産。江戸時代に渡来して観賞植物として栽培される。葉は深緑色で細い。春に花茎を立てて、香りのよい黄色の花を横向きにつける。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黄水仙 (キズイセン)

学名:Narcissus jonquilla
植物。ヒガンバナ科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

黄水仙の関連キーワードクイーンビクトリア公園メースフィールド観賞植物江戸時代花茎

黄水仙の関連情報