コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄炎培 こうえんばい Huang Yan-pei

3件 の用語解説(黄炎培の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄炎培
こうえんばい
Huang Yan-pei

[生]光緒4(1878).10.1. 江蘇,川沙
[没]1965.12.21. 北京
中国の教育家,政治家。上海の南洋公学卒業後,日本に留学し教育学を専攻。 1917年中華職業教育社社長,21~22年北京政府から2回にわたり教育総長に任命されたが拒否。 38年国民参政会常任委員になったが,47年国民政府の圧迫でホンコンに亡命。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうえんばい【黄炎培 Huáng Yán péi】

1878‐1965
中国の教育家,政治家。字は任之。江蘇省川沙県出身で,南洋公学に学んだ後,日本に亡命して教育学を学ぶ。辛亥革命参加後,江蘇省教育司司長,江蘇省教育会副会長となる。1917年中華職業教育社を創立し,その社長として職業教育の普及に尽力した。30年代には抗日救国運動に参加し,45年延安訪問後,中国共産党に理解を示して《延安帰来》を著した。詩人でもあり,進歩人士として活躍した彼は解放後,中国民主建国会主任委員,全国人民代表大会常務委員会副委員長などを歴任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄炎培
こうえんばい / ホワンイェンペイ
(1878―1965)

中国の政治家、教育家。字(あざな)は任之。江蘇(こうそ)省川沙(せんさ)の生まれ。上海(シャンハイ)南洋公学を卒業後、日本に留学して教育学を修める。辛亥(しんがい)革命後は、江蘇省教育司長などを務める。1915年アメリカ視察を行い、1917年「職なき者に職を、職ある者に楽しみを」と主張して、中華職業教育社を創設し董事(とうじ)長となる。翌1918年には中華職業学校を創立し、「手脳併用、注意実践」を提唱した。日中戦争中は、国民参政会常任委員として民主主義の擁護に努めた。1945年、国共提携のため延安(えんあん)を訪問し、中国共産党の政治を「実際知識を求め、実際工作に従事した、理想に近いもの」と感じた。『延安帰来』(1945)はその見聞記である。1949年の人民共和国成立後は、政務院副総理兼軽工業部長、民主建国会主任委員などを歴任した。[深澤一幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄炎培の関連キーワード徐弘基銭痩鉄王巌張澹季秉徳呉椿江蘇省教育家張謇清江(中国江蘇省)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone