コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄連阿膠湯 おうれんあきょうとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

おうれんあきょうとう【黄連阿膠湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)黄連阿膠芍薬(しゃくやく)黄芩(おうごん)などを含む。ほかに卵黄1個分。漢方の古典『傷寒論(しょうかんろん)』などに処方が示されている。鼻出血下痢などの出血、不眠症神経症、乾燥した皮膚のかゆみなどに用い、のぼせ、いらいらなどの症状をともなっているとき、とくに有効とされる。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android