黄連阿膠湯(読み)おうれんあきょうとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

おうれんあきょうとう【黄連阿膠湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)黄連阿膠芍薬(しゃくやく)黄芩(おうごん)などを含む。ほかに卵黄1個分。漢方の古典『傷寒論(しょうかんろん)』などに処方が示されている。鼻出血下痢などの出血、不眠症神経症、乾燥した皮膚のかゆみなどに用い、のぼせ、いらいらなどの症状をともなっているとき、とくに有効とされる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android