黄金まくわ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

黄金まくわ[果菜類]
おうごんまくわ

近畿地方、奈良県の地域ブランド。
大正時代、奈良県農事試験場は愛知県から在来のまくわうり系統を導入して、品種を改良。育成された奈良1号は現在も基準品種として用いられている。全国で生産・販売されるまくうり種子の多くは、奈良県から供給されたもの。大和野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android