コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄金まくわ

デジタル大辞泉プラスの解説

黄金まくわ

奈良県天理市、奈良市で生産されるウリ。果皮は黄色く、果物のような甘みがある。万葉集にも登場するほど栽培の歴史は古い。大正時代奈良県農事試験場で育成された「奈良1号」はマクワウリの基準品種。奈良県により「大和野菜」に選定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

黄金まくわ[果菜類]
おうごんまくわ

近畿地方、奈良県の地域ブランド。
大正時代、奈良県農事試験場は愛知県から在来のまくわうり系統を導入して、品種を改良。育成された奈良1号は現在も基準品種として用いられている。全国で生産・販売されるまくうり種子の多くは、奈良県から供給されたもの。大和野菜。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

黄金まくわの関連キーワード奈良県天理市近畿地方

黄金まくわの関連情報