コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄金蜘蛛 コガネグモ

デジタル大辞泉の解説

こがね‐ぐも【黄金蜘蛛】

コガネグモ科のクモ。体長は2~3センチ、雄約5ミリ。雌の腹部には黒地に3本の黄色帯があり、脚は黒色で一部が灰白色。人家近くに円い網を張る。鹿児島県高知県ではこのクモを戦わせる行事がある。地方によってジョロウグモとも呼ぶ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こがねぐも【黄金蜘蛛】

クモの一種。雌は体長20ミリメートル 内外、雄は7ミリメートル 内外。雌は腹部に太い黄と黒の縞模様がある。本州以南の各地に普通にみられ、夏、大きな円網を張る。サンバソウグモ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黄金蜘蛛 (コガネグモ)

学名:Argiope amoena
動物。コガネグモ科のクモ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

黄金蜘蛛の関連キーワード縞模様内外

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android