コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女郎蜘蛛(読み)ジョロウグモ

デジタル大辞泉の解説

じょろう‐ぐも〔ヂヨラウ‐〕【女郎蜘蛛】

コガネグモ科のクモ。体長は雌が25ミリ、雄が7ミリくらい。雌は腹部には黄色や青黒色の縞があり、側面後方に紅色の斑点をもつ。雄は黄褐色で地味。樹間などに大きな三重の網を張る。本州以南に分布。
コガネグモのこと。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょろうぐも【女郎蜘蛛】

クモの一種。雌雄で色彩・斑紋・大きさなどが全く異なる。雌は体長25ミリメートル 内外で、腹部は緑青色と黄色の粗い横縞があり、足には黄と黒の縞模様がある。雄は体長7ミリメートル 内外で淡黄褐色。雌は林間などに複雑な三重網をはる。本州以南から東南アジアにかけて分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

女郎蜘蛛 (ジョロウグモ)

学名:Nephila clavata
動物。コガネグモ科のクモ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女郎蜘蛛の関連情報