コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女郎蜘蛛 ジョロウグモ

デジタル大辞泉の解説

じょろう‐ぐも〔ヂヨラウ‐〕【女郎蜘蛛】

コガネグモ科のクモ。体長は雌が25ミリ、雄が7ミリくらい。雌は腹部には黄色や青黒色の縞があり、側面後方に紅色の斑点をもつ。雄は黄褐色で地味。樹間などに大きな三重の網を張る。本州以南に分布。
コガネグモのこと。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

女郎蜘蛛

日本の妖怪。女に化けることができるクモ、小さなクモを操る蜘蛛女など、各地にさまざまなパターン伝承がある。「絡新婦」の表記もある。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

じょろうぐも【女郎蜘蛛】

クモの一種。雌雄で色彩・斑紋・大きさなどが全く異なる。雌は体長25ミリメートル 内外で、腹部は緑青色と黄色の粗い横縞があり、足には黄と黒の縞模様がある。雄は体長7ミリメートル 内外で淡黄褐色。雌は林間などに複雑な三重網をはる。本州以南から東南アジアにかけて分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

女郎蜘蛛 (ジョロウグモ)

学名:Nephila clavata
動物。コガネグモ科のクモ

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

女郎蜘蛛の関連キーワードJ. フェデー蜘蛛の拍子舞フェデール蜘蛛拍子舞東南アジア京の上臈島中田 耕二フェデルフェデー縞模様緑青色内外体長斑紋刺青腹部林間分布雌雄

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女郎蜘蛛の関連情報